デスクワークのお供に。sonyワイヤレスイヤホンWI-C310レビュー

このブログをご覧の皆さんはもれなくデスクワーカーかと思いますが、デスクワーク中に音楽やラジオは聴いておられるでしょうか?

私は作業中はほぼ何かしら聴きながら作業しています。一人でいる時は音楽垂れ流しで大丈夫なのですが、オフィスや、自宅での作業でも、他の誰かが同じ空間にいると、さすがに垂れ流しではいけないので、いままでは普通のコード付きのイヤホンを使用していました。

普通に音楽やラジオを聴く分にはコード付きのイヤホンでも別に問題無かったのですが、トイレに行ったり、何かしら用事があって席を立たないといけない時には都度イヤホンを外さないといけなかった事がちょっとしたストレスでした。

で、購入したのが、ワイヤレスイヤホン。現在ではお安いものからお高いものまで、たくさんの種類がありますが、その中から私がチョイスしたのは、sony製のワイヤレスイヤホン「WI-C310」。

3ヶ月程度使用してみて、良かった点・良く無かった点をレビューしてみたいと思います。

チョイスした理由は「安定感」と「はじめてのワイヤレスイヤホン」

2021年現在、市場で販売されているワイヤレスイヤホンには1000円くらいで買える激安なものから、10,000円以上する高価なものまで、ホントにたくさんの製品が出回っています。

私はとりあえず音質にはこだわらず、「聴ければいい」という事で、低価格帯のものを物色。とはいえ、私にとって最初のワイヤレスイヤホンなので、聴いている最中にBluetoothの接続がブチブチ切れるのでは困る。ですので、商品レビューを見ながら、そこそこの安定感が見込めるものを探していました。で、選んだのがsonyの「WI-C310」です。

価格は3,000円台

WI-C310より安いワイヤレスイヤホンはいくらでもあったのですが、1,000円・2,000円台の製品のレビューを見ると「接続がブチブチ切れる」とか、「耳に取り付ける部分が壊れる」とか、品質の部分でストレスが増える事だけは避けたかったので、そこそこの価格帯とブランドイメージで安定感のあるsony製に決めました。

他に選んだ基準は?

ワイヤレスイヤホンと一言で言っても、「2つに分かれているタイプ」とか「コードでつなかっているタイプ」とか「骨伝導」とか、色々あるのですが、私が特にこだわったのは、以下の条件です。

  1. メガネをかけていても、干渉せず問題なく着けられる
  2. 手元(耳元?)で音量や再生のON/OFFを切り替えられる
  3. 電池の保ちがいい(朝から晩まで充電なしで完走できる)
  4. そこそこ有名なブランド製

1番目の条件で、骨伝導の選択肢がほぼ無くなりました。2〜4の条件に当てはまるものでも結構数がありますが、近い価格帯で条件を満たすような製品はこんなものがありました。

 

実際の使い心地は?

音質について

音質について、私はそこまでこだわる方ではないので、詳しいことは言えませんが、有線イヤホンで聴いていた時のように普通に聴こえます。あたりまえですが^^;

有線のイヤホンで使っていたのはiPhoneに付属していたイヤホンなのですが、これと大きく違いを感じるのは、外部音の遮断。遮断といっても、ノイズキャンセリング機能ではないです^^;
WI-C310は、耳に入れる部分がiPhone付属のイヤホンに比べると、より耳の穴に差し込まれるような形なので、それにより外部音が遮断され、結果的に音に対する没入感が増すなと感じました。

装着イメージ。黒い部分が完全に耳の穴の中に入る為、外部音が遮断される。

通話について

WI-C310とiPhoneをBluetooth接続している時に電話をすると、当然、イヤホンから相手の音声が聞こえ、装着したままの状態で通話ができます。

リモコン部の裏側にマイク穴があります。

が、通話での利用は、あまりお勧めできません。なぜかというと、耳の奥深くにイヤホンが入っているせいか、喋ると自分の声が耳の中で反響しているような感じになって不快に感じます。(個人の感想です)
同じように、近くに人がいて、イヤホンをしたまま会話するのも不快なので、近くに人がいて、イヤホンで音楽も聴きながら会話もするというケースにはあまりマッチしないと思います。

動きながらの利用は?

ワイヤレスイヤホンのメリットの一つとして挙げられる事に「移動している時に使いやすい」という事があると思いますが、WI-C310はその点では、そんなにマッチしません。というのは、イヤホンを装着した時に余ったコードの部分をこんな感じで肩にかけるのですが…

装着時の肩周り

歩いていると、肩の動きに干渉してコードがちょっと動くので、その結果、イヤホンが耳から外れる事が多いです。なので、「運動する時に使うワイヤレスイヤホンが欲しい!」という場合はWI-C310を含め、コードがあるものはやめた方が良いのかもしれません。

Bluetooth接続について(接続デバイスの切り替え)

私はWI-C310を、複数のデバイス(PC・iPad・iPhone)間で使用しています。その時々でWI-C310とBluetooth接続するデバイスが違うのですが、例えば…「今、iPhoneと繋がってるけど、そっちじゃなくてPCと繋がって欲しい」と思う時がちょっと面倒だったりします。

そういう場合は一旦、iPhoneとのBluetooth接続を切ってから、PCとのBluetooth接続を手動でやり直さないといけません。さすがに高価格帯のワイヤレスイヤホンはそのあたり自動的にやってくれるのでしょうけど、低価格帯のものなので、贅沢は言えません。

電池の保ちは?

電池は、丸1日フルで使ったとしても、丸2日くらいは充電無しでいけている感じです。そんなに頻繁に充電しなくて大丈夫な感じなのですが、充電しながら聴くことが残念ながらできません。

まとめ

今回はじめて使ってみたワイヤレスイヤホンのWI-C310。使ってみて、有線のイヤホンよりも色々と見るべきポイントがある事にちょっと驚きました。WI-C310は、正直ネガティブなところも見受けられましたが、個人的には装着したままデバイスから離れられる利点が大きいので、やっぱり有線よりもワイヤレスを買ってよかった!と思っています。

これからワイヤレスイヤホンを使ってみたいけど、どれにするか悩んでる!という方の参考になれば幸いです。ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

Fundemicの最新情報をチェック!
>Fundemicの最新情報

Fundemicの最新情報

FundemicのFacebookページでは、
制作実績とTECHブログの最新情報を掲載しております。

CTR IMG