【SEO対策】THE THOR記事一覧で閲覧数を表示させる

THE THORを使って、何気なく投稿を編集していたら、編集ページ内に「閲覧数」なるものを発見。

これを記事の一覧ページでざっと確認出来たら、SEO対策するのに便利だなぁと思い、その方法を調べてみたら、表示させる方法がありました。



「外観」>「カスタマイズ」から表示をON

その方法は意外と簡単で、管理画面から特にコードをいじる事なく出来ちゃいます。

左サイドメニューの「外観」>「カスタマイズ」をクリック。

「基本設定」>「記事分析設定」>「総合閲覧数を表示する」にチェックをつけて、「保存して公開」をクリック。

結果

投稿記事の一覧ページに閲覧数が表示されました。


【9/30まで!】「総額360万円分のAmazonギフト券」や「iPad」、「Apple Watchが当たる!エックスサーバー18周年記念! ご愛顧感謝キャンペーン実施中!

おまけ|他の項目も表示させる!

察しの良い方はお気づきになられたかと思いますが、先ほどのカスタマイズの画面で、他の項目にチェックをつけると、チェックをつけた項目を一覧画面で表示させる事ができます。

各項目の説明は下記の通りです。

平均閲覧数を表示する

「総合閲覧数」は記事が公開されてからの累積閲覧数ですが、こちらは1日あたりの平均閲覧数です。

タイトル文字数を表示

タイトルの文字数を表示します。
グーグル検索に対応するには25〜32文字以内に収めることが良いとされているようです。
グーグル検索で省略されずに表示されるのは全角28文字との事。

本文文字数を表示

投稿本文の文字数を表示します。
SEO的には「1000字くらいは必要!」という方がいたり、「文字数は関係ない」という方がいたり、様々ですね。汗
目安として、自分の記事は文字数多い方がアクセス集めてるかどうかの指標にするのが良さそうです。

タイトル内キーワード数を表示する/本文内キーワードを表示する

投稿記事一覧ページに表示される「投稿内のキーワード使用数を検索」で検索をかけると各投稿のタイトル内のキーワード数と本文内のキーワード数をカウントして表示してくれます。

内リンク数を表示する/発リンク数を表示する

内リンク数は、記事の中にブログ内部へのリンク数、発リンク数は、外部サイトへのリンク数になります。

まとめ

最初は「閲覧数表示したい!」という事で調べはじめたのですが、調べていくうちにTHE THORには色々とSEOに使える仕組みが組み込まれていることがわかりました。

記事の主旨とだいぶずれましたが、SEO対策という括りでは外れてないかなと。汗
ここまで読んでいただき、ありがとうございました!


手軽にホームページ検索順位を自分であげる【集客職人 RankingCoach】

Fundemicの最新情報をチェック!
>Fundemicの最新情報

Fundemicの最新情報

FundemicのFacebookページでは、
制作実績とTECHブログの最新情報を掲載しております。

CTR IMG